• 映画 「火垂るの墓」
    映画 「火垂るの墓」― 昔、ほんの70数年前に、   ある戦争できる国が、  「国家のため」、「国防のため」と称して、   戦争を始めました。   このお話は、その当時の真実の物語です ―以下は「平和を願う市民の集い」からお借りしました。終戦直後の日本の風景です……・当時の日本には、こんな風に親を亡くした戦災孤児が、そこら中に溢れていました。さび付いたドロップの缶中から小さな白い物がこぼれ出ました……倒れ...
  • 安倍晋三のコロナ対策を斬る。
    安倍晋三のコロナ対策を斬る。 ―何が間違っているのか?―1.PCR検査の決定権を現場の医師に与えていない。 2020年7月30日段階で、とうとう日本の患者は一日1000人を突破しています。さらに患者が全国に拡散し、岩手県でさえ患者が発見されました。 にも関わらず、いまだに安倍政権は、現場の医師にPCR検査を実施する権限を与えていないのです。 経済活動を続けさせるつもりなら、これまで以上に徹底的な感染対策を講じなけれ...
  • 長雨の日々――街角写真館。
    長雨の日々――街角写真館。 朝の公園。 通学団の集合場所に、子供達が集います。雨がしとしと降っていて、空は一面、灰色です。 道路は所々水が溜まり、雨粒がせわしく波紋を広げ、跳ね返ったしぶきが散らばります。  灰色の空、緑の田園。 稲は雨に打たれて嬉しそう。人には陰鬱な季節でしょうが、植物には恵みの雨ですね。けれどもあまりにこんな天気が続いてしまうと、稲もまともに実りません。 異常気象が進行しています...
  • 安倍さん、先制攻撃で核兵器を防げるの? 
    安倍さん、先制攻撃で核兵器を防げるの?  ―核兵器は防衛不能だが、愚かな人間はその現実を理解できない―  河野防衛大臣という人がいます。彼はミサイル迎撃システムを、天文学的な予算で購入する事を予定し、安倍総理もそれを当然のように認めました。  けれども核兵器を「迎撃」し「防衛」する事は不可能です。 核兵器を日本上空か近海で爆破すれば、超高濃度の放射性物質ウランが広範囲に飛散します。通常兵器ならば爆破...
  • 猫に真珠、豚にモーツァルト。
    猫に真珠、豚にモーツァルト。 ―牛にバロック、お犬様に暴力団― 猫ちゃんに真珠を上げても喜びませんし何の役にも立ちません。けれども、乳牛のお母さんバロック音楽を聞かせてあげると、情緒状態が安定して、たっぷりお乳が出るそうです。 ただし、日本では牛さんは狭い厩舎に閉じ込められ、不衛生で不幸な環境にいますから、バロック音楽やバッハがしばしの慰めになったとしても、それが良い事であるとは限りません。 普段か...

プロフィール

Motomasa Ong

「現代謡曲集 能」から、新しくブログをスタートしました。本当は、この写真の人物ほどは頭が薄くありません。

月別アーカイブ